1. トップページ >
  2. 地デジを受信する方法

地デジを受信する方法

来たる地上デジタル放送開始に向けて、「そろそろ地デジにしよっかぁ・・・」とお考えのご家庭も少なくないと思います。
その際に心配になってくるのは、地上デジタル放送の受信の方法であったり、金額であったり・・といったことが一番気になることとなるでしょう。
そうした疑問に、地上デジタル放送を自力で設置した経験のある管理人がお教えいたしましょう。

まず、地上デジタル放送の受信に必要になってくるのは、これまでのアナログ放送などと全く変わりません。

  • 地上デジタル放送対応チューナー内臓テレビ
  • UHFアンテナ
  • ケーブル

この3点だけです。
しかも、アンテナはこれまでアナログ放送でも使用したUHFアンテナの流用が利きます。
(ただし、VHFアンテナを利用していた方は、地上デジタル放送の周波数帯とは合わないため、どの道UHFアンテナを別途入手してこなくてはなりません。)

また、ケーブルTV局に加入されている場合は、ケーブルTV局がアナログに変換して放送しているケースもあるため、地上デジタル放送を視聴する際の準備は全く必要がない場合もあります。(詳しくは各ケーブルテレビ局まで。)

極端なことを言えば、地上デジタル放送を受信できるチューナーを持っていること、地上デジタル放送を行っている送信塔へアンテナを向けることの2つの事を行えば、誰だってその場で受信することが可能になるのです。

ただし、アンテナを地上デジタル放送を行っている送信塔へ向けるには、少々の準備が必要です。
まずはDopaや総務省などの地デジ推進団体やNHKなどのHPに、地デジを行っている中継局のリストを見ることが出来ます。
エリアを視覚化した地図などもありますので、自宅などの地デジを受信したい場所がそのエリア内に入っていれば、地デジの受信が出来る「可能性が上がります。
その上で、最寄の地デジの電波を発している送信塔・中継局などにアンテナを合わせることで、受信することができるようになります。

ところで、「可能性が上がります。」と書いたのは、地上デジタル放送になってから、その周波数帯がVHF帯からUHF帯に変更となった箇所が少なくありません。
詳しい説明は省きますが、簡単に言うと、VHF帯の電波よりもUHF帯の電波は遠くまで飛ばないという特性がある上に、アンテナから発する電波の出力が弱まっている箇所もあるということです。
さらには、エリアとされている場所であったとしても、地形などに左右されやすくなっているため、アナログは受信できても、地上デジタル放送は受信できない可能性が高まっているのが現状です。
さらには地上デジタル放送の中継局の開局が09年以降に控えている地域・または現在でも未定な地域(主に離島など)などもあり、アナログ放送に比べると、視聴可能地域が狭まるとも言われております。

したがって、地上デジタル放送の視聴可能な状況については、電気店や放送局などに問い合わせてみた方が良いと思われます。

pickup

2017/12/22 更新

>>ページ上部へ移動します。